入稿データについて

HOME > 入稿データについて

データ入稿方法

1回の入稿データが10MB以下の場合は、メールにてお願いいたします。(info@i-ara.jp

10MBを超える場合は、外部ストレージサービスをご利用ください。
弊社で通常お願いしているサービスですが、送信方法は異なりますので、それぞれのサイトにてご確認ください。
Giga File便 (保管有効期限:7日間)
ファイルポスト (保管有効期限:5日間)
宅ふぁいる便 (保管有効期限:3日間)
『宅ふぁいる便』は、保管期限が短いため営業日中に受け取れない場合がございますので、ご注意ください。

CDやDVDでの入稿も承ります。
返却は基本行いませんのでご了承ください。

完全入稿データに限ります。

面付けや修正は行いません。ご了承ください。

確認用見本データの添付をお願いします。

(PDFや画像データなど)

データの種類

Adobe Illustrator、 Photoshop(イラストレーター保存形式ai、フォトショップ保存形式eps)にてお願いいたします。
Photoshopの場合、レイヤーは統合して1枚にするようお願いします。
バージョンは、CCまで対応しております。
カラーモードは、必ずCMYKでの設定でお願いします。

必ずアウトライン化をして下さい。

アウトライン化になっていない場合は、文字化けを起こします。

配置画像は保存形式epsおよびリンク形式でお願いします。(画像データも入稿してください)

元々が荒い画像は綺麗にはなりませんので、注意してください。
解像度は、200dpi~400dpi程度が目安になります。

入稿データに、不要なデータは無いか確認をしてください。

不要なデータがあると、余計な費用が発生することがございます。

縮尺については、基本的には原寸大でお願いいたします。

出力物は1%程度の縮が生じます。これは性質的なものですのでご理解ください。
レイアウトの限界などで原寸大での入荷が出来ない場合はご連絡ください。

メディアの最大幅内での入稿でお願いいたします。

こちらでは、面付け等の修正は行いませんので、効率の良い出力をご希望の場合は、面付けがされた状態での入稿データをお願いします。
合成紙およびアルミ入りメディアの幅は1,200oです。
その他は、1,300oになります。

データのバックアップは必ず行ってください。

データの破損による責任は取れませんのでお願いいたします。

弊社ではカットは行っておりません。

四隅とセンターには、標準でトンボは付きますが、カットラインが必要な場合は、入稿データに入れてください。
(作業スペースなどの問題で、どうしてもカットが出来ない場合などはご相談ください。)

インクジェット出力事業部からのお知らせ